デンタル寸話

 オールセラミッククラウン

今回はオールセラミッククラウンについてお話しましょう。まずクラウンとは歯冠部分(歯の上部)が虫歯などの原因で充分では無くなった場合や神経治療をして歯が欠けやすくなった時に歯にかぶせる人工歯冠治療です。もちろん必要以上に自分の歯を削ってしまうのは気が引けるのは分かります。しかし 歯の噛み合わせる力には想像以上のものがあり歯の上の部分が半分以上無い場合や神経治療をして歯の柔軟性が無くなり壊れやすくなった場合は必要な処置です。もしただ単に無くなった部分を詰めるだけの処置をした場合には歯が割れて時には抜く羽目になってしまうことがあるからです。

1 2 3

中にはクラウン治療をしたら 歯は虫歯にならず一生問題ないと思っている人がいますが もちろんクラウンの下のつなぎ目には自分の歯・根があります。そこは手入れをしないと虫歯になります。または特にクラウンをしたときその周りに歯垢がたまりやすくなりますので歯周病すなわちシソーノーローになる可能性がより大きくなります。そこで定期検査、日々のお手入れが大切になってきます。

以前は 全金属やメタルボンドといって金属でできたフレームにセラミックを焼き付けたクラウンを使っていましたが 見た目ではやはり不自然で特に前歯ではハグキが下がり始めた場合 クラウンの付け根が露出して黒い線が見えてきたり 神経治療した後に見える黒ずんた歯根が出てきて好ましくなくなることがありました。

Metal Crown
Captek

それを解決してくれたのが オールセラミッククラウンです。

Before
After

少し前までは前歯だけに使われていましたが トータル的な美容を追求されているこの時代、テクニック、材質的にも進歩して奥歯にも使われるようになってきました。
オールセラミックは、白くしたい歯に大きな虫歯がある、歯がかけている、 歯の形も変えたい、以前にかぶせたクラウン差し歯の金属が透けて見える・・・など、様々な問題点が対象となる治療法です。 透明感もあり 自分の歯の色に合わせ どれが自分の歯かどうか分からないようにしたり、より白くしていっそう口元をすてきにすることができます。またつい最近では以前不可能だったブリッジもオールセラミックで治療可能になりました。

治療費は全金属やメタルボンドに比べて一本$50-100割増しになりますが おおよそアメリカでは保険対象内の治療になりますので さほど大きな違いにはならないと思います。クラウンやブリッジ等の治療が必要だと判断された時 その素材や耐久性なども含めて歯医者さんと相談しましょう。歯は一生の大切なパートナー。いくつかの素材の中から自分の希望や予算に合わせて自分の理想の口元を作り出しませんか。